ASUNA YAMAUCHI

MEMO5

2020.01
制作中
 
高熱で倒れる前、新しい事に挑戦しようとして躓いていた。全く気に入らない作品が次々と生まれ、改善を試みても悪化の一途。新しい事に挑戦したのが良くなかったのか、それとも版画感覚が狂ったのか…と悩む。強制的に制作禁止になったおかげで、思考が正常に戻った。上手くいかない時は上手くいっていた時と同じ事をするのだ。今回は、新しい事を…と考えすぎて慎重になり、細部まで下絵を描いた事が一番の間違いだった。私の場合、下絵は本当にダメである。絵が丸くなり、まるで薄まってしまう。そして何度でも描けそう。私が時間逆行してももう一度描けるような絵なんて、人生を後悔できてしまって困ります。もう二度とアレは無理だと思える事は幸せだと思う。
そして私はとても綺麗な絵を描くつもりだったけれど、とりあえずやめた。次のシリーズタイトルは「悪魔の内臓」。死霊のはらわた、みたいな。



 
カナリア
 
高熱で寝込み、気管支か喉が炎症を起こして声が出なくなる。私の頭は声が出なくなるとカナリアを思い出すらしい。よくわからないけれど、喉を灼かれたカナリア?いや、声を失くしたカナリア?気になるので調べた。正しいカナリアは唄を忘れたカナリア。
唄えない事で棄てられそうになったり埋められそうになったり鞭で叩かれそうになる可哀想なカナリア。しかし守ってくれる人が居て救いがある。
「象牙の舟に銀の櫂 月夜の海に浮かべれば 忘れた唄を思い出す」
弱っているせいかカナリアを想って涙が出る。今日は満月。



 
映画を観続ける。
 
年末年始、人に勧められた映画を色々観た。ベルリン天使の詩、愛のむきだし、夜と霧、2001年宇宙の旅、ミスミソウ、ノスタルジア…等。アニメやドラマも数作。
そして私が観ている間のクウ。
ku



2019.12 -
MEMO4

2019.07 -
MEMO3

2018.12 -
MEMO2

2018.07 -
MEMO1